ダンス

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

 

ダンススクールに通ってもヒップホップダンスが上手くならない。どうしたら上手くなるのだろう。かっこよく踊れるようになりたいなぁ。。。初心者の僕でも上手くなるのかなぁ。。。

 

と悩んでいませんか?実は、これから紹介する

「【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法」を読むと、

そんな初心者のあなたもヒップホップダンス上達への道が一歩踏み出せます。

なぜなら、僕もその方法を実践して、人に教えられるまでになれたからです。

 

この記事では、上手くなるための方法を具体的にご紹介します。

記事を読み終えると、今後ヒップホップダンスで伸び悩むことはなくなります。

 

  • 本記事の信頼性

ヒップホップダンス歴:約10年

初心者のためのヒップホップダンス講座 ダウン ボックスステップ

 

初心者のためのヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

1. ダンス動画を見てマネをしてみる

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

 

普段、YouTubeなどで、ダンス動画を見ることありますか?

見ることがないという方は、ダンス動画を見てください。

 

なぜ見るのか?と言いますと、

見たものが頭の中にあると、自分が踊るときに動きなどイメージがしやすく、

さらに上手い人のマネをすることで、上達につながるからです。

 

昔はYouTubeがない時代だったため、曲のPVで踊っているダンサーをよく見てました。

そのおかげで、僕はヒップホップダンスが上手くなったのでおすすめです。

 

僕が見ていたPVは、Mariah Carey の「Fantasy」。

踊ってるシーンがほんのわずかしかないですが、当時は貴重なダンス動画でした。

 

ポイントとしては、以下を意識して見てください。

上手いダンサーの動き(手、足、体の使い方)

上手いダンサーのポージング(姿勢、ポーズの決め方)

上手いダンサーのグルーブ(乗り、表現の仕方)

 

ダンス動画をYouTubeで見ていくと、好きなダンサーが見つかります。

そうしたら、その人の動画をたくさん見てマネるとよいかと思います。

 

ちなみに、僕が好きなダンサーは「Matt Steffanina」さんです。

レベルが高いので、参考程度で。。。


Justin Bieber - INTENTIONS ft Quavo | Matt Steffanina & Kaycee Rice Choreography

 

 

2. 自分で振りを考えて踊ってみる

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

 

ちょっとハードルが高いかもしれませんが、

自分で振りを考えて踊ると、ヒップホップダンスが上手くなります。

 

振りを考えるということは、表現の仕方、見せ方を意識するため、

自分のダンススタイルに幅広い動きや表現力が出てくるからです。

 

僕はチームを組んでイベントなどで踊っていたので、

振りを作らなければならない機会が多く、振りを考えるのがすごく大変でした。

しかし、数をこなしていった結果、ダンスが上手くなりました。

 

最初は難しくわからないと思うので、簡単なステップをつなげて

構成を考えることから始めてみるのがいいかと思います。

 

徐々に慣れてきたら、この曲で踊ってみたい!という曲を

YouTubeで探して振りを少し取り入れてみるのがいいと思います。

 

YouTubeでの探し方

・好きな曲名 + dance で検索

・好きな曲名 + choreography(振付)で検索

 

例:my house choreography で検索


My House - Flo Rida / Eunho Kim Choreography

 

 

3. 自分が踊ってる動画を撮って見る

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

 

自分の踊ってる姿を動画で撮って見たことがありますか?

初心者の方ですと、ほとんどないかと思いますが、

この方法はヒップホップダンスが上手くなる一番近道だと思います。

 

自分のダンス動画を見ると、何が悪いのかが俯瞰できるからです。

僕はこの方法でかなりスキルアップしました。

 

よくあるのが、自分はカラダを大きく使って踊ってるつもりが、

動画を見ると全然動きが小さかったり、決めポーズがかっこ悪かったり。

人に言われて直すより、自分で見た方が具体的に

何をどうしたらよいかがわかるので、かなりおすすめの方法です。

 

僕はこんな感じで動画を撮って研究してました。

 

昔は手軽に撮れるカメラというものがなかったので、

動画を撮るという習慣がありませんでした。

この方法を取り入れたのは、ダンスを始めてから数年経ってからになります。

僕がダンスを始めた頃が携帯ひとつで動画が撮れる時代だったら、

僕も早く上達したのではないかと思っております。

 

 

4. イベントで踊ってみる

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

 

最後のヒップホップダンスが上手くなる方法は、イベントで踊ることです。

イベントで踊るということは、人前で自分のダンスを披露するので、

必然と真剣にダンスに取り組む姿勢となり、上達につながります。

 

以下のように、いっぱいやることがあるので大変ですが、

ダンスの上達にもなりますし、最後は達成感があるので楽しいです。

僕はいろいろなイベントで踊ったことにより、ダンスが上手くなりました。

・一緒に出るメンバーを集めなければならない

・踊る曲を考えなければならない

・振りを考えなければならない

・フォーメーションを考えなければならない

・練習をしなければならない

 

具体例:渋谷の「VUENOS」というクラブで踊ったときの映像です。

 

僕は最初、初心者同士2人で小さなイベントから始めて、

徐々に一緒に組むメンバーを変えていった感じです。

 

 

まとめ

【初心者向け】ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法

ヒップホップダンスが上手くなる4つの方法を紹介してきましたが、

全部実践するのは難しいと思いますので、

どれかひとつ実践していただけると幸いです。

最後に、「踊る楽しさ」だけはなくさないように!

 

-ダンス

Copyright© Toya Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.