生活

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

2020年5月4日

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

一人暮らしをしている人は、どのような方法で節約をしているのだろう?よい節約方法があれば知りたいなぁ。

という悩みを解決できる記事になっています。

 

なぜなら、僕はロサンゼルス留学中にお金を使いすぎて帰国するためのチケットを買うことすらできない状況から、自分なりの節約方法で1年間で30万円貯めることができた実績があるからです。

※のちほど、実際につけていた家計簿がでてきます。

記事では僕の実際の固定費を紹介しつつ、実際にどういうことしているのかを解説します。

この記事を読み終えることで、一人暮らしで参考になる節約方法が得られると思いますので、ぜひ読んでいただきたいと思います。

 

それでは解説していきます。

 

一人暮らしの節約術:1. 固定費を把握する

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

みなさん、自分の毎月かかる固定費を把握していますか?

嫌でもかかる費用なので、必ず固定費を確認する必要があります。

固定費を把握することで、1カ月で使えるお金が明確になり、

節約するための戦略が立てられるからです。

 

これが実際に僕の毎月かかる固定費です。

家賃(ネット代込み):90,468円

医療保険:10,885円

個人年金:10,000円

スマホ代:約14,000円

電気代:約4,500円

水道代:約2,000円

ガス代:約1,500円

Shutterstock(画像・写真素材サイト):12,000円

Hulu(ネット動画配信サービス):1,026円

Netflix(ネット動画配信サービス):1,320円

 

これらを全部足すと「147,699円」になります。

毎月「147,699円」かかるということになるので、給料が手取り20万だとしたら、残り「52,301円」で生活しなければなりません。

まずはこのように自分の固定費を把握し、生活費を知ることが重要です。

すごく当たり前なことですが、これができていない人が僕のまわりでも多くいてビックリするほどです。

生活費がわかると、何にどれだけ使用でき、何を節約すべきかがわかりますので、あとは、以下のような変動費をどのうにやりくりしていくかが勝負になります。

<変動費>

食費日用品代被服費娯楽費嗜好品代理美容費交際費医療費交通費ガソリン代冠婚葬祭費。。。

 

例えば食費を1日「1,000円」とすると、1,000円 × 30日で月の食費が「30,000円」です。

先ほどの給料が手取り20万の例でいうと、生活費「52,301円」から食費を引くと、残り「22,301円」になります。

あと「22,301円」でどうやって生計を立てていこう?

食費を1日500円にするか?それとも、今月は髪を切りに行くのをやめようか?など、具体的に考えることができます。

 

 

一人暮らしの節約術:2. 家計簿をつける

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

とても地味で面倒な作業なのですが、節約するための方法として家計簿をつけることをおすすめします。

毎日つけることによって、日々のお金の支出を把握することができ、お金の自己管理ができるからです。

そうすると、無駄な支出を防げたり、意識的に我慢することができます。

 

冒頭でもお話ししましたが、こちらがロサンゼルス留学中にお金を使いすぎて、帰国するためのチケットを買うことすらできない状況だったときに、毎日つけていた家計簿です。

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

家計簿をつけて毎日のお金の支出を把握し、毎月少しずつ節約して1年間で30万貯めました

さすがにもうノートに書いていませんが、僕が今使っている「Money Forward ME」という家計簿のアプリをおすすめします。

入力方法も簡単ですし、月の支出が円グラフで表示されるので、一目で何にどれくらいの割合でお金を使っているかがわかります。

その結果、無駄な支出をなくすことができます。

 

<"Money Forward ME"の画面>

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

 

一人暮らしの節約術:3. 固定費を見直す

一人暮らしの節約術3つのポイント【減らすのは食費じゃない】

 

「給料の手取り - 固定費」で残った生活費から変動費をやりくりするのがそもそも難しいという場合は、固定費を見直すことも大事です。

 

もう一度、実際に僕の毎月かかる固定費を見てみましょう。

家賃(ネット代込み):90,468円

医療保険:10,885円

個人年金:10,000円

スマホ代:約14,000円

電気代:約4,500円

水道代:約2,000円

ガス代:約1,500円

Shutterstock(画像・写真素材サイト):12,000円

Hulu(ネット動画配信サービス):1,026円

Netflix(ネット動画配信サービス):1,320円

 

これらを全部足すと「147,699円」になり、給料が手取り20万だとしたら、残り「52,301円」で生活しなければならないということはお話ししました。

だとしたら正直結構きつくないですか? (´A`。) そこから食費、交際費、日用品代。。。といろいろと支出が発生します。

ですので、何の支出を削ろう?ということになると思います。

よくあるのが食費を削るという手段だと思いますが、みなさんは食費を削りますか?

 

例えば、

1日1,000円 × 30日 = 30,000円

1日1,500円 × 30日 = 45,000円

 

おにぎり1個100円で買えない時代ですので、1日1,000円で抑えるのって結構きついと思います。

1日1,000円をトライしたことがありますが、

きつくて逆に反動で美味しいものが食べたくなって予算オーバーを繰り返し、

結局あきらめてしまいました 。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。

 

1日1,000円と1日1,500円では、15,000円の差があります。

この15,000円をなんとかできないかと考えました。

僕は海外ドラマが好きなので、Hulu や Netflix は絶対に外せないし。。。

あれっ?スマホ代が約14,000円。これが0円になったら、食費が楽になるぞ!と思いました。

そこで、ある方法によりスマホ代を0円にしちゃいました笑

その方法は改めて、ブログで紹介したいと思います。

正直、前からスマホ代をどうにか安くできないか考えていたのでとても助かってます。

 

 

まとめ

一人暮らしの節約術は以下の3ポイントです。

1. 固定費を把握する
2. 家計簿をつける
3. 固定費を見直す

 

まずは、自分が毎日何にどれくらい支出しているのかを把握することが大事だと思います。それを把握した上で、節約を考えることです。

真っ先に食費を減らすのではなく、他に減らせるものが見えることがあったりするので、面倒だと思いますが固定費を把握することから始めてみてください。

 

-生活

Copyright© Toya Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.